ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

憧れのパンチの思い出

 犬も好き。が愛は片思い。優しそうな飼い主のご許可を頂き、お散歩中わんこをなでさせて貰うことも度々あるが、残念ながら愛は伝わらず撫でても犬に喜ばれず、臭を一通り嗅がれて興味を失ったら離れてしまう。ああ、わんこ。

 実は子どもの頃はとても犬が怖かった。噛まれるのではないかと思って、机の上とかに跳び乗ってブルブルビビリまくりなことも。吠えるだけの近所の友達の家のマルチーズも苦手だった。がわりと大きくなった頃、自転車に乗っていたら,突然リードも飼い主もいないわんこが登場して自転車の横を併走。何事!?と自転車を降りたらなんだかとっても人なつっこい感じ。が、どうしたらいいのか分からない。出かける途中の私と飼い主のいないわんこ。悩んでいたら,走り去ってしまったわんこ。実は行方不明犬だったらしく、電柱に行方を探すポスターを見かけ、ペット探偵と飼い主に電話で報告したあの日から、わんこ嫌いはすっかり克服。動く物が好きで追いかけて逃げてしまったというあのわんこが無事に飼い主の元に戻れたかを祈るばかり。

 このような落ちのない話をあえて人にする悪い人とぱややんの名付け親の友人が言うが世の中解決済みでないもやもやも愉しむのも一興?


 と犬の話で始まったのに実は書きたかったのは猫の話。猫は昔から好きだった。お隣の家の飼い猫は縞猫、そのまたお隣の家は代々黒猫派で我が家の近所には猫がいつもうろうろ闊歩していた。小学生低学年ぐらいのある夏の夜、家の前で隣の縞猫と遭遇、近寄ってくる感じなので座ってなでなでしていたら、縞猫は私の体の周りをぐるぐる回りはじめる。「なにごと??」ととまどう私に、縞猫は急に私に向かって大ジャンプ。「ひえええええええ」と逃げたのも恐怖の思い出ながら猫が苦手にならないのは不思議。飼い猫がいないながらも、猫への愛は募り、
あこがれその1:喉のごろごろ音を聞く→友人の家のフレンドリーな猫で体験済み。
その2:肉球を触る→友人の家のフレンドリーな猫で体験済みというか友人が押さえていてくれたので触れた。
その3:猫パンチ。→これはスペシャルに2回に体験。
1)タイで友達の友達(日本人)が働く観光コテージに訪問。なぜか普通に宿泊でなく、友人が寝泊まりしているコテージを貸してくれて、そのベッドで就寝(友達カップルは外寝)。と、その夜中の3時に腹に違和感というかケモノ様ご降臨。布団の上から足でどすどす踏まれる。なんじゃと渋々起きると、友人猫様はドアに近づき「にゃ~ん」と鳴いてドアをがりがり。「ああ、外出がしたいのか?」とドアを開けたら速攻外出。

 翌朝飼い主である友達の友達に聞いたら、その猫は朝のお出かけがいつもの習慣で、臨時の宿泊者の私達はそんなこと知らず、ドアを明け方に開けないためお怒りの猫パンチだったもよう。
2)タイで別の友達(日本人)の家に宿泊。朝になってもグースカ寝ている私を置いて友人は仕事に出勤済み。前夜、鍵は内側で押してドアを閉めれば施錠されるからと言われていたが、ドアが途中で何かに引っかかりきちんと閉まらない。無理無理ドアを閉めようとしてもやかましい騒音は立つが閉まらない。すると 友人宅の猫様が不審者な私の行動に警戒モードに入り、ドアの前で臨戦の猫パンチの連打。(が直接パンチはされなかった)

思わぬ憧れの猫パンチに感動、な訳はなく、おびえさせてしまって本当に申し訳ないし、別の島に移動な飛行機の移動もあるのでいつまでもこのままではまずいので、ドアがしまらないまま,友人の会社(近所)に急ぎ向かって、鍵と猫様への不始末をご報告とお詫び。(友人はあらまあと急ぎ家に戻って無事盗難等はなかったそうで一安心)

 残す憧れは猫様と一緒の布団で添い寝。が猫飼いの友人曰く、乗っかられれば重いし、寝返り打てないしで大変とのこと。がやっぱりうらやましい〜。

がさすがに飼い主でない他人と一緒に寝る猫様はいないので猫様を家にお迎えしない限りこの願いは叶わないもよう。

 

 

 土曜日に学生時代の友人の訃報を聞き、落ち込み中で日記をさぼったのをお許しください。皆様ぜひ乳がん検診はできるだけ頻繁に、そして自分でもしっかりチェックください。

 

*余りに文章ダラダラなのでちょっと修正