ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

ミイラを巡る困惑 

 

ぱややんin NYの思い出はメトロポリタン美術館。旅=夜中にトイレで寝付きが悪い&緊張で無駄に早起きなぱややん者、こうなったら人気の少ない朝イチにフェルメールの絵をゆっくり観たいと美術館にえらく早めに到着、開館と同時に急ぎ足で名画を探して館内をふらふら、と、気がついたら中国絵画コーナーに。ミーハーなのでせっかくアメリカ、アジアエリアでないのが観たいの~と慌てて移動するとエジプトコーナーに。ああんなんだか雑に置かれたミイラの棺がいっぱいあって、鼻が悪いので普段は無臭の世界を生きているのに、なんだかこのエリア、黴というか土というか薬品というかミイラ臭い。。。。眠気でふらふらながら急ぎ足で有名な「青いカバ」の像だけ探してこのエリアを退散。

な感じが我がミイラ体験。

 「水は低きに流る」は友達の名言で、会社の雑用、お小言、後始末等、要領の悪い,立場の低い扱いの者=ぱややんな私にやっかいごとは押しつけられる。

 会社の新役員のおじさんは、お気に入りなAさんに、「お子さんにどうぞ」と気の利いたプレゼント?として渡そうとしたのは箱にも中にも説明書なしのエジプトお土産らしき物。要領の良いAさんは「あ、こういうのぱややんさんが得意だから彼女にどうぞ」と、なぜか私のところにお鉢が回ってくる。おじさんから私にNO説明で渡されたのは小型のミイラの置物。棺の文様など美的には雑な仕上がりも造形は細かく、棺を開けると中に薄い包帯に包まれた黒い謎の樹脂?製の人形というか人型が。ご丁寧に顔の部分は包帯が無くてその顔がまざっくりな仕上げな感じがまた不気味。

断ったり、他の人に押しつけたりもできず、「ありがとうございます!!」と笑顔で貰って家にいやいや持ち帰り。エジプト漫画を書かれていた波津彬子先生に寄贈?(いやいやご迷惑だろう)、近所の古書店に寄贈する? (いやいや古本屋には不要だろう)。がまあよく見たら可愛いような???気がして、とりあえずマイコレクション棚に保管。

が、せっかくならばミイラ好きな方に譲りたい。と、複数友人にメールで打診。帰ってくる返信メールはほぼ困惑な内容「え、ミイラ。。。。」「ミイラが好きかどうかって、人生で初めて考えた。難しい質問だ」「・・・全然興味ない」。当時の仕事相手の出版関係の方(多趣味な方が多いかと思って)にもメールしたら一人の方が「ちょうど3ヶ月の娘のおもちゃに良いかも。夜泣きのいい原因になるかもしれませんが」となんだか申し訳ない洒落でのご回答。その後も懲りずにちょっとした知人にも質問しては、不審困惑迷惑千万な感じのご回答。その後すっかりあきらめた数年後、趣味の楽器演奏仲間の先輩がミイラ好きと偶然知り、喜んで引き取られていき心から安堵。

皆様、知人友人の困惑の様子を知りたい際はぜひミイラが好きかどうかの質問がお薦め!!

ちなみにメトロポリタン美術館のお土産コーナーでミイラ型のアルミの筆箱を値段高いし、made in chainaだしで買わなかったのが実は後悔中。ああ、ミイラ。

(素人目に雑な棺が置かれていた感があったので、他国の貴重な文化というか遺体なミイラをもっと丁寧にといかエジプトに返還した方がいいのではと思ったが,その後エジプトの混乱で博物館が略奪事件もあったので返還も難しいのかとなんだかミイラについてしみじみ考え中)

 

青いカバ

f:id:keroro_ururu:20170623182608j:plain

 

肝心のミイラの置物の写真を忘れた。

 

↓ミイラコーナーの展示品

f:id:keroro_ururu:20170623182813j:plain

 

意外と海外の美術館は写真撮影はOKなもよう。(特別展は駄目だったりするのですが)