ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

その回答って。。。コーヒーと牛乳を巡る迷宮

 子どもの頃、夏の冷たい飲み物といえば牛乳でした。麦茶も作らず、ジュースも買わない家庭で、氷を入れてかき混ぜて、キンキンにコップの中で冷えた牛乳を飲むのが最高でした。
 中学生のある時、給食の飲み残し(手つかず)の牛乳の瓶を次から次に開けて、友人と飲みまくったのも愉快な思い出でした。給食の呪いなのか、家でカレーを食べる時は、大体いつも牛乳を飲んでおりました。
 が、働き出していろいろ忙しく過ごしくなって、牛乳を飲む機会が減ったせいか、ある時、気が付いたら、乳糖不耐症になっておりました。
 好きなのにお腹がごろごろする悲しき牛乳との宿命。諦めが肝心とならないのが我がぱややん人生。少量でも温かくしてもお腹に来るのに、コーヒーを飲むときに牛乳様の誘惑に負けることが日常となっております。嗚呼今日もお腹がごろごろです。

 我が腹のごろごろなんてどうでもいい話はさておき、今宵は日本の喫茶店、コーヒーチェーン店におけるメニュー問題を取り上げてみました。
 カフェ・オ・レ
 カフェ・ラ・テ
どちらも日本語の意味としてはコーヒー牛乳。フランス語とイタリア語の違い?でなぜに2種類のあるのかしら? お店によってはカプチーノも加わって謎がより深まるような???

それで、実際にお店で何回か質問したら、見事に回答が一致せず。決まったルールはなく、各店でそれぞれのレシピがあるようです。

・コーヒーかエスプレッソの違い
・機械で泡立てたミルクか普通のミルクの違い
・ミルクの分量の違い

尚、下の2つは、Aはオシャレなコーヒーチェーン店で、Bは食事も食べられるライブハウスで「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いを質問した回答です。

A:当社の配合率に応じたコーヒーとミルクの差。配合率等は教えられません。
B:冷たいのを温めた(紙パックのカフェオレを温める?)のがカフェオレ、機械で泡立てたミルクを使うのがカプチーノ

 Aは、結局知りたいかった答えは教えて貰えず、ちょっと不親切なようで不満。
 Bは、カフェラテを頼むのがちょっと微妙な心地になる回答のような。
と、 どうでもいい質問をして、お店の人の手をわずらわせる面倒なぱややん者をお許しください。