ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

見たらさっさと買うが正解(改題)

我が家には本が多すぎる。と思っていても自制が聞かないタイプなので今日も書店イベントに参加してサイン本を買ってしまいました。さらに雑誌は買ってもろくに読まないからと諦めたはずの絵本雑誌の『MOE』の酒井駒子さん特集号を探してしまい、見たらやっぱり欲しくなり、買いたい!!と思ったものの、せこいので、ポイントを貯めている近所の他の本屋に行きました。
 大きな書店で、1階の雑誌コーナーで探したけど見あたらない。念のため文芸コーナーの2階に行ってみたけれどもない。1階に戻ってもう一度見てもやはりないので、レファレンスコーナーのスタッフの方に在庫を聞いてみた。
 (心配症なので『MOE』だけではわからないかなと絵本雑誌の『MOE』と説明も付けて質問してみました)

 レファレンスコーナーの方は流石に『MOE』ご存じで、文芸誌が置いてあるコーナーに有るはずと案内してくれたのですが、残念ながら売り切れ。レファレンスコーナーに戻って在庫を調べてくれ、上の階の児童書コーナーにもあるはずですが、在庫1冊なので、もしかしたらもう売り切れかもと説明を聞いた後、上の階に上がる。(「上のフロアで場所はわかりますか?」とまで心配さるる。親切な方でした)
 絵本のコーナーを探したのですが、やはりない。念のためスタッフの方に聞いてみたら、『XXXMOE』ですよね?」と雑誌名を言われ、ちょっと違うようなと思いながら一緒に歩いて、絵本コーナーの棚の一角『KODOMOE』の場所に案内される。(さっき自力でも探して見た棚でした)

ぱややん者「これではなく、絵本雑誌の『MOE』で酒井駒子さんの表紙です」
スタッフさん「女性誌の『MOE』はないですねえ」
ぱややん者「・・・・」
    (『MOE』は普段から置いていないように聞こえて、ええええな気持ちに)
    「1階のレファレンスコーナーの方が6階にも在庫があると聞いたので探しに来たのですが。でも1冊で売り切れかもしれないそうで・・・」

スタッフさんは『KODOMOE』の近くや、その下のストックの引き出しも念のため開けて探してくれるが、やはりない。(棚もストックの引き出しも本が少ないので見てすぐないのが分かる感じ)で、もう諦めて最初の本屋に戻り、買いました。素直に最初から買っておけば良かったと反省。
 しかし、女性誌=『MOE』はどうも納得がいかずもやもや中。確かに子ども向けの雑誌ではなく大人向け、女性がターゲットだろうからあながち間違ってはいないとはいえなにか違うような。児童書コーナーとしては、大人向けの雑誌としてちょっと扱いが別なのかしら。
 1階では雑誌のカテゴリとしては文芸、でも、2Fの文芸フロアには置かれず、絵本コーナーでも鬼っ子扱い(?)されていている『MOE』ってば不憫なようなと勝手に妄想。
 が一夜明け、質問したスタッフの方は児童書ではないコーナーの本を整理していたしのでそもそも担当外っぽかったし、「女性誌」と区別して認識していることに他人がぶつぶつ言うことではないと反省中。

 ちなみに、知人(男性)は昔、ニンニクが必要のため、近所の「肉屋」に行き、買えなかったことにショックを受けたそうです。(ニクと名前が付くから肉屋で買えると思っていたなんて、だじゃれみたいな話しで、聞いたみんなも吃驚)

 ほしい物のカテゴリをきちんと把握しないと入手が難しい世の中ですと無理矢理まとめてみました。