ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

インドというか、小に懲りてデカ過ぎに涙

先日、高円寺で時間をつぶす用事が有ったので、そうだ高円寺=日本のインドだと、インド系の雑貨屋さんに行く。

 楽器を包む布が欲しかったのを思い出し、布コーナーを物色。可愛い象さん柄が気にいり、色違いを並べてどちらにしようか悩む。が、いや待て、サイズが小さいような急に心配になり、下の段の大きめサイズの布から探し直す。

 というのも、数年前の代々木公園のインドフェスティバルで、楽器を包むようにガネーシャ柄の可愛い布をゲット。ウキウキと家で楽器を包もうとしたら、幅も高さもいまいち小さくて、楽器の本体が包みきれず。生地もちょっと硬めで包みにくい。 

 楽器の練習の度に包んだり開いたりすると、硬いし小さいし、やっぱりこの布はイマイチと利用断念、そのままタンス内で放置中を思い出したので。

 大きなサイズのコーナーで、インドチックではないけど可愛い花柄の布を発見。がさっきの象柄に未練。印度っぽさを選ぶかサイズが大きめな花柄か悩みに悩んで、やはり大きい方を選んで購入。帰宅後、早速楽器を包もうとしたら、うむむ相当大きすぎました。生地も薄すぎで外出時にカバーの役目を果たしてくれるのか。。。。(楽器の先生がサイズも布の厚みもいい感じの印度雑貨屋さんで見つけたという布を持っていたので、似たようなのが欲しかった〜)

 そういえば以前、やはり高円寺の別のインド系のショップで、耳当ての付いたニット帽を購入。柄に悩み、帽子自体の必要性(若者向けをこの年齢で許されるのか、か?? どこのおでかけ時なら大丈夫か?)悩みに悩んで、優しい店主さんは、これかこっちがいいよとお勧めされるも、決めかねてやっぱりいいやと一旦店を出るも、やっぱり欲しいと戻って購入。で改めて家で帽子をかぶってみたら、うむむちくちくして痛い。ニット系のちくちくが苦手だったことを思い出す。

とこのようにうだうだと悩みに悩んで買い物するのに、肝心のサイズや材質など重要部分をよく見ていないぱややん者でした。がよく考えると、時々、悩まず即決、衝動買いすることもあり、勿論商品チョイスに難有りが多いのですが、どうせ見る目がないのなら悩やんで買うのをやめることにしました。
ああ、人生を無駄に消費中。

f:id:keroro_ururu:20180723214958j:plain