ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

G先生と私

すっかり頼ってばかりになったのはぐーぐるマップ先生(以下G先生)。尊敬の念からつい先生呼ばわり。今日の外出は初めての場所、昨夜電車の経路、家を出る時間をG先生で下調べ。
 今朝、「あれ何時に家を出るんだっけ」と、G先生にお伺い。で朝食や着替えやらの準備の途中も「あれ何時に」とG先生にお伺い。予定よりも支度に時間がかかりながらも予定通り家を出て、駅に到着。ホームで電車を待つ間、「あれ、予定の乗車電車はこの1本前だった疑念発生。G先生にお伺い。ああ、確かに予定より1本遅いかも。がなんとか予定時間につける見込み。乗り換えする前にもG先生にお伺い。また次の乗り換えの前にもG先生にお伺い。(覚えられないならば紙に書けばいいのという常識的発想はないぱややん者人生)

 目的地に駅に到着。降りる前からG先生を起動し、お頼み申します状態に。が油断ならない我が人生といういうか、脳内どうかしてしまったらしい方向音痴人生。駅の出口表示に従ったらG先生の示すお勧めの道とちょっと違う。が、違うということは分かるのに、具体的にどう違うか分からない。そう、現在地はどこ問題に揺れるぱややん者ハートではなく脳内。目の前に見える有名そうなビル名を見て、G先生の画面の地図(現在地の丸いアイコンあり)を見ても自分がどこに行けばいいのか分からない。
 リンガーハットが唯一目の前にもあり、G先生の地図にもある。がそれでもどの方向に進んで良いのか分からない。
方向音痴極まれ。とりあえず信号を渡って、リンガーハットに近づく。がリンガーハットに近づくと、G先生の画面の目的地への進路から離れてしまう。リンガーハットの近くで呆然。昔は歩行者に道を聞けたのに、G先生頼みになってから道を聞くのがちょっと躊躇してしまい、あああイベント開始に遅刻してしまう。。。とうろうろしていたら、急にもしかして、こっちにいけばいいのではと急に理解。G先生による予定徒歩時間から考えると今のままでは嗚呼遅刻。暑い中急ぎ足で歩く。日傘を差す余裕もなく小走りも、G先生の推定徒歩速度より明らかに歩みの遅いぱややん者。あああ遅刻確実。
会場の入り口に到着。受付の方に構内の道を聞いたら、「さっき行った人と同じように進んでね」と言われ、「遅刻仲間がいる!!」と嬉しくなったが、改めてイベントの詳細内容を見たら、開始時間がぱややん者の思い込んでいた時間よりも10分遅かったため、無事時間内に到着可能が判明。
 ああ無事に到着は嬉しいけれど、開始時間も覚えられない我が脳内大丈夫なのか、心配だった今日この頃でした。
 昨夜G先生を見ていたら急にアンケート画面登場。G先生の不満点の問いに、「使いやすさ」を選択。
だって、G先生の道案内音声ガイダンス、「南に50M進んでください」とか、南も北も方角なんて全くさっぱり分からないのでどうもこの音声ガイダンスの機能に前から不満だったので。
 が、一度も道を間違えたことのない友人曰く、歩いている時は常に方角を考えていると聞いたことがあり、ああ、方角なんて考えたこともなく常に歩いているのはもしかして、世界にぱややん者だけ?とG先生のアンケート回答に今反省中。
でもお願いG先生もっと方向音痴向けに優しいナビをしていただけると嬉しいです。

と今年も半分過ぎたこの日の日記も超ぐだぐだなのをお許しください。