ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

繰り返さるる。ネタの使い回しではありません

「裏表への開き直り」

 朔日は朝から外出。帰宅途中の電車の中で、やっぱりこのTシャツは首回りがきついなあと襟廻りを触ってみたら本来有るべきはずのないタグが前側にあるのに気が付く。「あら、また、また、またまた…何度目かのこの裏表問題、でも、もう家に帰るだけだから、このままでOK」と、隣の席に座る友人に発見→動揺→諦観を悟られないように過ごす。(恥を話したがる人生ですが珍しく黙する。だって直した方が良いよと言われるから)
 帰宅後、そのまま着替えず過ごしていたら、一見した母、曰く「そのTシャツ、なにか様子が変ではない?」と鋭い指摘。素直に前後ろ逆に着ていたことを告白。部屋着に着替えて一件落着。

「物欲の果て」
 朝から外出。目的地へ行く途中で、我が愛しの柑橘類の中でもトップ5の「ブンタン」のお仲間果物を販売している出店を発見、我歓喜で「美味しいのは重みがある果実よ」と店員さんのアドバイスの重めの三つ購入(東京ではブンタンあまり見かけないのでもっといっぱい買いたかった)。
 書店で絵本の講演会+サイン会に参加して、絵本を購入。同じ作家先生の別の本も購入。思ったより時間がかかり、途中帰宅予定を諦める。
 急ぎ足で駅に向かう途中、東京都の水道局のPRイベントの近くを通り、なにやら配っていると、つい並んでアンケートやらクイズに答えて、缶バッチやボールペン、水道水の試飲、PR冊子を貰う。
 取り置きしておいた本屋さんに本を引き取りに。平凡社ライブラリー(しかも集めの)五冊+古本一冊購入。
 時間がないので帰宅(荷物を置きに)を断念してライブ開場にGO。テーブルのないライブ開場で、コップを持つのが邪魔でサワー1杯をわりと素早く飲んでみる。
酔わない自分に酔う(酒に強くなったわ気分満喫)→あくびとともに吐き気先生到来。
がおりしもライブはナウい今時な若人の手で、ストリーミング中継していて、広くない会場で、トイレで吐いたらその音も筒抜けでそうで、吐くのは絶対阻止で、吐き気とあくびに地味に闘いながらライブ観賞。
 無事中座することなく、聴き終わり、帰路の途中で酔いに良いというグレープフルーツジュースを買いにコンビニに寄り道。が、500mlの大きいサイズのはないので、同サイズのオレンジジュースを買うが、飲み損ねて持ち帰る。
つまり、ボンタン3つと絵本と本を7冊と水道局のPRグッツとオレンジジュースという重い荷物によれよれと無事帰宅。
 荷物が重くて辛かった、どうしてなのかしらと反省するが、「馬鹿だから」といつもの救いにならない解答しか導き出せない夜の悶々。(これもまたいつものこと)