ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

メンソールな私

 通常モード無臭で過ごしている鼻の悪い人生、かつ、肩コリ&締まり屋(ケチ)なぱややん者は、しでかしていた。
 運動も普段どころか特別な日もしないので、それはまた、またか、またなの、またまたまたまたかというほど頻繁に肩凝り、寝違え、頭痛、腱鞘炎、最近のNEWトレンドに腰痛!!で、頼みにするのは湿布様の功徳。
 数えたら最近の人生の半分以上は湿布様を身に潜めているのかもしれず。
 「なんだか、湿布の臭いがしませんか?」と、質問が出るとビクビクなぱややん者。謝罪と湿布教の告白をすると大概は嗤われて、「ああ湿布」とチラリとマイ肩&首の白色タイプの湿布が気さくにシャツからはみ出し中を見つめる視線にぱややん者はタジタジに。
 が、はぢらい&申し訳なくお詫びしていたのも遠い昔。今や耳の後ろに貼ったまま外出していたりと、湿布様は既に我が身の肌のごと、その存在を隠すべき、恥じらうべきを忘れたというか無感覚な枯れ葉乙女的ていたらく。
 見た目にもというか、一般常識的に、外から見える位置に湿布貼るならせめて肌色タイプをというアドバイスも「無臭な肌色タイプは高いんだもん」と節約というかケチしてつい大容量の湿布(臭いあり・白い)を買ってしまう。

が、ある時、若者も含めた大人数で群馬県まで一日中な長距離ドライブに。途中睡魔に襲われるも、寝たらさすがに往復共に運転をしてくれた方に悪いと、手持ちのホールズ(キャンディでスーパーミント味)を食べまくってやり過ごそうとぱややん者も大奮闘。が、問題発覚というか、涙の訴えが発生。なんと、ミントの臭いがとても苦手な女性がいて、「車内という閉じられた空間でミント臭プンプンされて、もうだめ〜」という緊急宣言に、慌てて飴を飲み込み、寒い日なのに車の窓を全開という同乗者一同にも迷惑をかけるしだいに。

そうなんです、つまり世の中にはメンソール臭いに敏感な方がいるのね〜と湿布教なぱややん者、電車や映画館、コンサートホールなどで臭いのご迷惑をかけていたのかも。

が、未だにまだ白くて臭いメンソールな安い湿布様を愛用中。節約したいのでついついな悪行をお許しあれ。

因みに、既出ですが、意外と敏感なマイ肌は、ある年、まだうら若き頃、お神輿担いだ後日、湿布かぶれで皮膚科に受診。「お神輿担いで皮膚科に来た患者を診るのは初めてだよ」と嘲笑われたこともあり。

湿布様を身につけるのはかぶれ様に祟られないように祈りもかかせないけどやめられない止まらない湿布教信者。ご迷惑本当にすみませんがお許しください。