ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

怒られた話

 無謀なバス旅で思い出したのが、タイを良く知る関係者皆に怒られ&呆れられ話を。

危険なのでけして真似はしないでください。

 かなり以前のタイのバンコク旅行中、夕方まで一人時間が
有ったのでワット·ポーに参拝に。次は中国正月でイベントがあるらしいヤワラート(中華街)に行きたくて、親切そうな周囲の人にどのバスで行けるのか質問しまくり多分正解らしいバス停でバスを待つ。かバスがあまりになかなか来ないのて不安で隣でやはりバス待ちな日本人若者男子に日本語で話しかけてみる。
「バス来ないですね~」
「…?」、困惑100%な表情の男の子に、勘違い発覚。
「あ、すみません、日本人かと思ってしまいました」拙いタイ語&英語でお詫びな私。親切な若者でしどろもどろ会話に付き合ってくれて暫く会話をする。と、彼は携帯電話を掛ける。その後なんと吃驚提案。
「自分の友だちが近くに車で来ているから、よければ中華街まで送るよ」とのこと。
いやいや、見ず知らずの人のご親切申し訳ないからと固辞すれど「本当に彼女は近くにいて、もう来るから」と、程なく真っ赤なスポーツカーが到着。車の運転手な美人な素敵仕事出来る系な友だち=彼の恋人?の優しい笑顔なお申し出に図々しく車に乗り込むぱややん者。中国正月で大混雑な中華街を素敵カップルタイ人男女(推定私よりかなり年下)と一緒に見物。さらに屋台の張り子の龍の飾りが付いたでんでん太鼓(1メートルぐらいな長い木の棒付)を買って頂く。
が、悪いし、タイで働く友人との約束時間に近くなったので「ここでお別れします」と行ったら、なんと知人との街合わせ場所まで車で送って貰ってしまうことに。
 タイの皆様の親切さには本当に感謝。
なお、連絡先を交換しその後数回会ったが今は縁が切れてしまい残念。

なお、あまりに悪いので中華街で屋台の焼き栗を買って無理無理お礼は渡していたものの、焦って買ったものなので美味しいかどうかよくわからず。良い大人が若者に買って貰ったでんでん太鼓は残念ながら機内持ち込みは無理サイズて知人に託して帰国。


個人的に良い思い出も、独り旅で知らない人の車のに乗るなんて、危険極まりないないと、タイを良く知る関係者一同からは怒られ呆れられ話也。

別の思い出は、タイの北部の街なチェンマイて、観光名所なお寺に行くのに乗り合いバスを待っている間、つい好奇心で、同じくバスを待つ美男美女タイ人カップルの食べていた竹に入ったお菓子らしきものの名前を質問。すると親切なお二人は竹筒のお菓子を私と友人に一本づづくれて、ニッコリ笑顔。友人も私も実は凄い満腹中なのに、状況的に食べないわけにいかずに「美味しいですね〜」とできるかぎりな美味しい笑顔を演出。またそのお菓子が、ココナツミルクで炊いたモチ米プラス小豆?で腹に溜まる感じで食べ切るのが辛かった。
 同行の友人から帰国後も暫く「あのお菓子はお腹いっぱいにつらかったよね〜」と思い出されては語られ、責める口調てないのに安堵中。
好奇心は程々に。また、タイの皆様の親切に甘えてはいかんと自戒中。