ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中

嫉妬した

 あまり嫉妬しないなんて書いたのは嘘です。すみません。ああ愚かなぱややんは早速嫉妬の炎に包まるる。
 友達を誘った某食品会社の某イベントで、混雑の事前情報を軽く考えて開場15分前に着いたら既に長い行列。しかも、ちょっと涼しい日でなければ多分断念しただろう通路チックなところで冷房なし、椅子は50席ぐらいしかなくほとんどが立って待つ状況。普通のサイズの扇風機がいくつか設置されている近くはさておき、配布された団扇頼みの蒸す蒸す蒸す〜と暑い。時間は経てど、列は進まず。が久々の友人と話しながらなのでさほど苦にならず。
 途中、前にいた一人参加らしい女性が飲み物を買うのに、私達に不在の間の場所を依頼して離席。どうぞと微笑みで送りだし、戻ってきたお礼も爽やかに受け止める。食べ物&お酒がらみのイベントで、待ちきれず途中調達?持参?の酒&おつまみで飲み始めている人たち、子どものハッスルフィーバー大声、何かが破壊された音と吃驚した悲鳴が響いたりもするも、全体静かで、みんな行列に慣れている感じがある意味怖い。

 途中で入場打ち切りがかかり、諦めて帰る人がいるせいか、自分たちの背後の列がどんどん短くなっているようで損した気持ちに。1時間経過ぐらいで、前の女性の連れの男性が参加。うむむ、一人参加ではなく幸せ彼氏と一緒なのね~→嫉妬。その後男性1名追加→女一人に男二人、なんて素敵な充実人生中!!→嫉妬。男性1名追加。男性ばかりに女性一人→嫉妬。女性一人追加→おお女性友達もいたのか。男性1名参加→途中参加の持参の酒で飲みが始まり、つまみのポップコーンとかの臭いがぷ〜んと漂う→NO嫉妬。というか、途中から参入者が多すぎじゃないかと不服。
 二時間以上経過後、行列の前の方に設置されたパイプ椅子エリアに辿り着け、やっと座れてああ楽ちん。が、食べおわって退出する客ごとに、待たされ客が入場できるシステムで、標準二人づつの移動になる。1人掛け椅子が横に2つ並んでいるため、壁側椅子に座ると、1列前の席に進むのに並んだ椅子分ちまちま横移動も多くせねばならず、横着乱暴者ぱややんはモーゼの如く(モーゼ様お許しあれ)椅子の間を割り入り縦に進む。いっそ椅子は1列1席分で並べた方が移動が楽でないかとつまらないこと考える脇で、友達はだまって椅子の間を開けてくれる手助けをしてくれていた。友達ごめんね。(今更反省中)
 入場待ちな列の横におしゃれ系なおじさん(企業の広報?担当者)が登場し、手持ちのカメラでイベントの記録のためらしい撮影を開始。前にいる賑やか若者グループに注目、撮影&インタビューをスタート。「もう凄い待っていますよ」と嬉しそうに模範回答する言葉が一部聞こえる。→「君たちは長時間は待っていないだろう!!」(一応小声で友達に愚痴る)。さらに男性1名追加→「5名も後から横入りとは悪すぎない?」友達にまた愚痴る。
 3時間過ぎてやっと私達の入場に。食べ物&酒を胃の腑に入れられた幸せを噛みしめる。が、近くで先に入った若者グループが食べているテーブルや注文品を受けとる場所でも楽しそうな様子を取材されている→嫉妬。
 ちなみに友達は冷静で「いかにも楽しく盛り上がっている若者だからだよ」。若くない私達はもちろん撮影スルー。ああまあ、イベントの企画側としてはそれはそうだと合点。
 もう気にせず食べようとしたら、私達テーブルのカセットコンロのガス切れで火が消えているのが発覚。あらまいつ消えたか分からないから生焼けかも疑惑に。適当に追加加熱したら、ちょい焦げ過ぎてブロークンハート。でまあ楽しく、もたもた食べていたら制限時間があっという間に到来。スタッフさんに優しくオーバータイムを注意されて慌てて口に詰め込み席を立つ。と友達「彼ら(前にいたの若者グループ)はちゃんと制限時間の前に席を立っていたよね」冷静に呟く。ああ、制限時間を守らない私達こそマナーにルーズ。
 実は最初に5分遅れて来た友達が「後ろに並ぶ」と言うのを制して「一緒に並ぼう」と言っていたのは私。レベルは違えど若者グループと同罪。なのに嫉妬に見ぐるしい(ノーメイクな横着中で見た目も)悪ぱやややんをお許しあれ。只今反省中。