ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

電車に揺られて ぱややん

 日々通勤で使っていたので電車のぱややんは数多い。前述の定期券を探して改札前で鞄をがさごそは数万回(さすがに大げさ?)、改札を通ろうとして、「なんだか世の中がぼんやりしている」→!!!眼鏡かけるの忘れてた→家に戻るは両手で済む程度。弁当も忘れる数回、ぶらじゃも忘れるも数回、、、ああああ。

 が奇跡も数回。急いで走って自動改札を通ったら、センサーが定期券を感知する前に私通り抜け→定期を感知したのに人が通らないので、「エラー発生」扱いに。おお自動改札よりも速かった!! ある時は切符の自動販売機にお金を入れたらば「投入金額が多すぎます」なんてエラーメッセージ。(お金は多めに入れていたので機械的には正しいが、多めに入れたのに切符を売ってくれないとは自動販売機的には正しくないのでは)。盛った話でないのにいまいち信用されていないのが日頃のぱややんのなせる技??。

 ある日は飲み会の帰り道、ぼへっとしていて乗り換え駅を乗り過ごす。終電だったので、ひええええとまあ近いかなな別の駅から夜道をとぼとぼかなり歩いて帰宅するはめに。またあるときは旅行の帰り道で夜も遅い時間、荷物が無駄に多い人生な鞄をよれよれ持ちながら自宅最寄りの駅について改札を出ようとしたら定期券入れがない~(=切符無し乗車)。さっきまでポケットに有ったはずなのに~と着ている服のポケットから手提げ鞄、荷物が満っち道満っちの大きな旅行鞄をスペースのあるゴミ箱前で広げて大捜索。が、結局見つからず、改札の駅員さんに紛失告白。と駅員さん「ああ、ちょっと前に隣の駅に定期券届けられていますよ」と多分大捜索を見ていただろうで語調はやや優しめ。でご指示の通り電車に乗って、隣の駅に受け取りに行ったら「電車のシートに放置されていて、気がついた乗客が降り際に届けてくれた」とのことで名前も知らない親切なお方に感謝。ああ荷物の大捜索の間に定期は無事届けられていて、帰宅もとっぷり夜更けに。

 別の旅行の翌日、久々出勤でよれよれと上司先輩同僚に朝の挨拶後仕事をのろのろスタートしようとしたらば会社のお土産を電車の網棚に放置を思い出す。珍しく優しい上司が「電話より、駅にいって相談した方が親切に探して貰えるよ」と時間をくれたので、駅員さんに紛失捜索をお願いする。がぱややん人生、探す手がかりの何時の電車で何号車に乗っていたか記憶曖昧。駅員さん「ああ、その情報だと何本が電車が該当するが、探してみます」と引き受けてくださり、無事発見される。終点の駅の忘れ物センターに有るので取りに行くべしということで、その路線で初めて終点までゆらりゆられる電車移動して、海外土産物屋のど派手な真っ赤赤な袋に入ったお土産を無事回収。駅員さんに相談時間を含めて往復1時間以上かけて、手許に戻ったお土産がまた本当安い値段で適当に選んだ土産で上司他に配るときの気まずさったら。。。後日電車で「忘れ物の捜索中です」と電車を止めて駅員さんが捜索している姿を見かける度に、朝の通勤時間に何本も電車を止めて見つけて頂けた海外土産を思い出し、皆様への感謝と深い反省が。が反省していても落としもの案件はその後も数回発生しているのがぱややん人生也。