ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

おしごとぱややん その1

 ともだちに「ぱややんブログ開始、読んで!!!」とメールを送ったらだれからも返事が数日来ない。つまらなかったのかしらとうつうつ考えていたら、昨日一人のともだちから苦情のメールが到着「肝心のブログアドレスのリンクがないのよ。どう読めというの?」 ぱややんブロガー人生感想を待つのも一苦労。(いえ、苦労しているのは友だちの方ですね)

 こんなぱややんでも仕事をしていた。きりりと凛々しくてきぱきとなわけはなく、ある日は、自分が投函した封筒を受け取った。郵便局ったら投函ミス!!とよく封筒を見ると郵便番号が自分の会社になっていて、ビル全体が大口事業者扱いの固有の郵便番号になっているせいか、宛名の住所ではなく、自分の会社に配達されたので文句がいえない。

 スーツを着ていないとまずい用事の日に普通の装いで出勤。昼休み+時間を貰って大急ぎ帰宅して着替えて会社に戻って事なきを得る。シンクで急須を落として割る。やや近い応接室にも響き聞こえるは私の大声の悲鳴。来客応対を終えた上司にみっちり怒らるる。
 後悔と感謝のぱややんは、上長の接待夕食会のレストランを別々の店を予約、当日片方のお店から誰も来ないと電話があり平謝り。手許のメモを見て予約電話→お店その1。翌日、人数と個室の確認のためグルメガイド掲載の電話番号を見て電話→お店その2へ(お店は新規予約として対応)。どちらも同じエリアの似たような名前の中華料理屋さんで、接待の前日の最終確認も2軒から交互にあったのも混同していて、何で2度電話??と思って対応していたもよう。当日キャンセルになったお店は違約金も請求しないで許してくださり、未だに感謝しているもお店の名前は覚えていない。

 しごと関係はもっといっぱいしでかし案件があるので今後も続く予定です。こうご期待というか本当首にならずにすんだ世界の善意に感謝。