ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中

病院ぱややん

ぱややん日記と名付けたのに、最初の日以外ぱややんを書いていないことに今気がつくぱややん者をお許しください。

友人は、「意外となんとなくピンチを切り抜けることが多いよね」と悪運の強さをほめられる?が、たいがいの痛い目は自業自得なので運が良いのか悪いのか。

 ワゴン車系から降りるときは、どんなに事前にガイドさんなどから注意を受けても車体に頭をぶつける。洞窟を抜ける時も。昨年はビルの閉りかけたシャッターをくぐり抜ける時におでこを強打。数日後も頭痛が続くので心配で、脳神経外科をネットで探すと近所に良さそう病院があり。かなり近場だし昔から開業しているクリニックはいざとなったらCTもあるので一安心。
 早速次の朝、診察の申し込みに行く。貰った問診票に記載して受付のスタッフさんに渡すと、「あのねえ、ここは整形外科だから、首から下の症状しか診れないのよ」と説明を受ける。なんとびっくり、病院違え。お詫びして、慌てて外に出て看板をじっと見る「○×整形外科」。行きたかった「▲▲脳神経外科」は同じ通りの2ブロック先にあり、ビルの二階で、一階が受付の整形外科とは見た目も全然違うし。(結局ただの脳しんとうで数日後に無事頭痛解決)

 別の病院では、市町村負担の割引の検診と一緒に経過観察中な病気の受診もしようとしたら、保険証が無い。検診はなくてもいいが、受診は全額負担になるわよと受付のスタッフの方に言われて財布を見ると、検診代自己負担分+受診の全額負担には全然不足な現金のみ。鞄の中身をあちらこちら×二回探してもないし、診察受付時間ぎりぎりで銀行に行くにも間に合わない。これ以上は迷惑だと検診だけで受けることにして、待合室に座ってふと手にした定期券入れの厚みにまさかと探すと、保険証発見! 無事診察も受けれたがなぜに定期券入れたのかしら。。。(普段は別の場所にキープ)

 最後にぱややんというか迷惑な話で、仕事帰りの駅までの公園の入り口のオブジェの上に猫発見。つい近づき、なでなで。手を離すと鳴いて我が手に近づけてくるので、なで続けろとご指示らしいのでなでなで奉仕続行。通りがかりの猫好き女性も加わり暗がりの公園の入り口で2名でなでなで。やがてなで方が下手な私はお役ご免らしく、猫は私の手を避け、もう一人の女性に身を委ねたので、退散。駅に向かうがなんだか腕がむずむず。駅のトイレで水で腕を洗おうとしたら、肘から手の先が赤く腫れている~。水で洗っても落ち着くどころが広がている???。慌てて近所のドラックストアで薬用石けんとムヒを買って石けんで良く洗って、ムヒを腕に塗りまくる。が赤みは消えない感じで、猫のダニにアレルギー疑惑?このまま全身に!?と心配になり、近所の病院に半泣きで相談電話をかける。「今日はもう夜間診療はおしまいだけど、先生に相談したらいいわよというから、病院に早く来てね」ととても親切対応。「急いで行きます」と病院までの道を急ぎ歩く。が小心者でつい病院の前で改めて見たらなんだか腫れや赤みが収まっているよな。で、病院に電話してお詫び&受診取り消して貰う。医療機関の皆様の優しさに深く感謝。そして、時間外の迷惑患者未遂で本当にすみません。
 以降野良猫お触り厳禁と戒めていたが、数年後江ノ島で出会ってすぐの輩に腹を見せててなでろとフレンドリーな野良猫に陥落。猫様の腹見せてのご誘惑にあらがえがたし。