ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中

おしごとぱややん その2 郵便

脳の神秘で、たった今聞いた人の名前、やろうとしていた用事を刹那に忘れることが多々あるのに、しちこくねちっこく覚えている昔の記憶が多々ある。 やや若かりし頃、初めてしごとでちらしと冊子の封入作業をしていたら、机の向かいに座って一緒に担当してい…

おしごとぱややん その1

ともだちに「ぱややんブログ開始、読んで!!!」とメールを送ったらだれからも返事が数日来ない。つまらなかったのかしらとうつうつ考えていたら、昨日一人のともだちから苦情のメールが到着「肝心のブログアドレスのリンクがないのよ。どう読めというの?…

病院ぱややん

ぱややん日記と名付けたのに、最初の日以外ぱややんを書いていないことに今気がつくぱややん者をお許しください。 友人は、「意外となんとなくピンチを切り抜けることが多いよね」と悪運の強さをほめられる?が、たいがいの痛い目は自業自得なので運が良いの…

Gをめぐる人々 (虫嫌いな方スルーください)

昨日は今年初のゴキブリ(以下G)を発見→逃げられる→再び登場→退治。南無南無。 Gの存在はもちろん大嫌い。そしてなぜかGを見つけやすい得意体質。が非情なことに、我が家はGの発見者が退治するべしというルールがあり、怖いので及び腰で挑んで逃がすと年上の…

かえる その2 蛙の恩返し

前の職場は都心の高級住宅街。4月と5月の楽しみは、道路にいるかもしれないヒキガエルとの出会い。駅までの結構人も多い都会のコンクリ道路こんなにでっかい蛙がいるんだ!!!と初めて見た時の感動を忘れられない。 雨の日の人通りが少なくなった遅い時間に…

かえる その1

わりとけっこう蛙が好き。蛙グッツを持っているし、好きを公言?していたせいか、ありがたいことに人様から頂くことが度々。一番困ったの、その人の故郷の群馬県の山の中の綺麗な小川に住んでいるミニ蛙(生きてる)を突然渡される。へなちょこなので生き餌…

電車のぱややん その1

改札の前で定期を探す。多分人生の1ヶ月はこの探した時間に費やしたことになるんじゃないかと言ったら、友人は「いや、1年じゃないか」と。 電車のいちばんの思い出は、降りた友人にお別れの会釈に下げた頭を閉まったドアでしたたか打ったこと。凄い痛かった…

ぱややん日記 はじまり

友だちは私の日々のしでかしに「ぱややん」と名前をつけて、文章にしろとすすめてくれていたが、怠惰と羞じらい控えていたが、恐ろしいことに最近この「ぱややん」な言葉すら忘れてしまう海馬の衰えにびびり、メモすることに。世のために人のためにはならな…