ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

ロックオン

僕と言う字を長年間違えて覚えていて、つくりの美の大の部分を木のように余分な縦一本増やしていたぱややん者と以前書きましたが、アボカドも未だにアボガド、アボガト?と正しく言えず、沼にハマりそうな北欧の俳優さんのマッツ・ミルケセン様もあれミケルセン?と混乱、素敵ダンサーのポルーニン様もプルーニンと何度も混同。
 なぜアボカドかとと言うと、先日アボカド料理を食べに行ったからで、その際に渡すつもりのお土産を家に忘れて、ああ賞味期限が切れちゃうので、もう渡せないなんて失敗をしでかしたから。枯れ葉乙女の物忘れの状態化。
 そして、その帰り道の電車でのできごと。やや混雑の車内でぱややん者は座席の前に立って、ぼへっとタブレットに夢中。と段々混雑して来た車内の人の人の間から「あ、すみません」と、マスク姿に大荷物なサラリーマンらしきオジサンがグイグイ近づいて来たので、???わけわからずも、立っていた吊革のある場所を動かねばならなくなる。とういうか押し出される。(微妙な立ち位置に押し出されたので、ましな空いているスペース探して移動せざるを得なくなる)

「ああ、さっきから凄い音をだして咳こんでいた人で、立っているのが辛いから、吊革を求めたのね??」と合点。がしかし、咳はちょっと遠くの方から聴こえていて、こちらよりももっと間近に優先席が有ったよな。
 弱きは助けが信条なので、別によいけどなぜわしの吊革を??が謎。以前も書いたのですが、新幹線の自由席、右側二人掛けシートの窓際は空席はないけど、左側の三人掛けシートはまるまる空席があるのに、ぱややん者の隣りにご年配のお爺様が腰掛けられ時のデヴジャ感。
 見るとはなしに見ていたら、具合悪そうなおじさんに座っている人は誰も席は譲らず嗚呼無情。
 そして今日は長身体がだるくて、喉も痛くて外出断念。今日渡すつもりで買ったお土産もまた賞味期限か短めで、次回の約束には賞味期限が切れちゃうので、宙にお土産が浮くはめ案件再びで、お土産は自分で食べねばならず。ああ友情は大丈夫かしら?

見る目

先日学生時代の友人と旅行に。珍しいの路面電車に乗り、偶々先頭車両なので、運転席近くまで一人進み、車窓を撮影する。と友人複数から「運転手さんの写真送ってね」と依頼が来たので、撮りたて写真を送ったら無反応。
 謎は解決。友人達的には、運転手さんがハンサムのため、写真を欲しかったようで、路面電車萌なぱややん者撮影な素敵な路面電車の運転席プラス運転手さんの後ろ姿写真は不評なわけでした。
 路面電車に浮かれていたので、またもやハンサムなお顔を全然認識していなかったぱややん者は友人達の観察力が羨ましい〜。
 しかし、いくらなんでも他人の正面顔写真は撮る勇気はない。
f:id:keroro_ururu:20171201014735j:plain
もしかしたら書いたかもしれないのですが、あ〜あ記憶が曖昧模糊模糊、大昔、飲食店で友人がトイレに行った間、ぱややん者は隣の席の二人組(男性)と話しはじめてなかなか話もはずんだ。が、もどって来た友人が全然話しに参加しないので、こう言うの苦手だったのかなあと反省、お腹もいっぱいになったので隣組とは連絡先も交換せずにさっさと別れてお店を出た。店を変えて、お茶をしたらば、友人曰く「さっきの二人のまだましな?方は結婚指輪をしていた」とのことで、既婚者かつ好みのタイプではないと瞬時な判断をしていたもよう。
ああ、結婚指輪には全然気が付かなかったぱややん者也。
しかし、やる気を出して連絡先ぐらいきいておけば良かったとちょっと後悔。
 見る目&やる気もないぱややん人生也。

歴史は繰り返すのが早過ぎ。全て枯れ葉なの〜

 ぱややん日記=羞じらいの枯れ葉乙女日記というのは嘘でしてごめんなさい。今や日々羞じずして恥をさらす、たわけを誇りに書き続けておりますでございます。

先日某イベントに参加。サインが欲しくて本を購入、サイン待ちの列に並ぶ。大人気で列は長くて、やっと自分の番が近くになった時、悲劇は発覚。 
作家先生に失礼がないように本を用意してページも開いてと思ったら、あれ〜本がない???。慌てて鞄を大捜索もない。右手に持つビニール袋を見ても折り畳み傘のみ。左肩の鞄をもう一度探るも「ない、ないのはどうして〜」とパニックおろおろろなぱややん者に親切に声を掛けて下さる方がいる。
「ペンを落としていますよ」
 鞄の中のコート、マフラーを引っ張り出しての衆前大捜索でボールペンを落としていたらしく、あらまあまあありがとうございますと赤面御礼。
 こうなったら、無茶を承知で本屋さんに、「本をなくして困ってしまって」と相談してみようと勇気を出したら、瞬時冷静に合点な店員さんから「ああ、『☓☓☓☓☓』ですよね。ここにあります。渡しそびれて失礼しました」と速攻問題解決に嬉し涙なぱややん者。
 
 が、しかし、これはまたデジャブ感。春にも京都で商品受け取らず、が紛失したと思い込み探しまくって結局無事解決事件は起きていた。ぱややん者の基本設定に学習機能を持たない模様。
 
 反省や羞恥な落ち込みはさておき、図々しくサイン待ちの元の列に戻していただき、暫く後、サインをいただける順番到来。高名な作家の先生を目の前にして、嬉しさ、緊張感がピークに達す。なぜか、「本をなくして、が実は商品の貰い損ねでした」話を語ってしまう。と、律儀な通訳さんがイタリア語に通訳も先生は訝しげににっこりスマイル対応もノーコメント。至極当然当事者のぱややん者意外は興味なし也。もっとましなお話しをすりゃ良かった、と後悔中。

 イベントの終了後、駅のホームで電車を待っている間、ふと携帯電話の着信等のチェック不行き届きが気になり、鞄に手を伸ばす。悪夢再び、鞄の中に見つけられず。ないないないない~と、心の中に叫び声は押し留めて、まあ、落ち着けと、誰も座っていないベンチに座って鞄の中身を豪快に引っ張り出して大捜索。着衣のコートからズボンのポケットをチェックするもない~。
 携帯電話を置き忘れたとしたら多分座った会場内の椅子のところと推測。とにかく、急ぎ会場に取りに戻るべしと早足で、改札に向かい、駅員さんに事情を説明して、改札外に出る。
 さっき降り始めた小雨は止まず絶賛ポツポツ中。とりあえず会場に行く前に、電話で確認が良さそうと思うも、携帯電話を失くしたからには公衆電話探しから始めないとならない。が、昨今簡単に公衆電話はどこ?? 諦めて走って会場に戻ろうとした瞬間に頭に違和感。コートのフードに重い感触ってば!? まさかでコートのフードに手を伸ばしてら、マイ携帯が鎮座ましまし中。
 「あらまあ、ミラクル!!」
 携帯電話の無事発見に歓喜なあまり、問われてもいないのに駅の改札にを通る際に駅員さんに「携帯が見つかりました。フードにありました~」と報告。が駅員さんは爽やかにスルー。


 同じ日に紛失物との再会なミラクルが二回も有ったのに感動するぱややん者也。
 いやいや、同じ日に似たような紛失を2回もしでかす、ぱややん者の枯れ葉ぶりにビックリ日和也。



※薄手のコートでイベント中には鞄に入れて持ち歩き、何かの弾みでフードに携帯電話が入り込んだみたい。が、しかし、コート着てから以降、ずっとフードに携帯電話(硬いし重い)が入っていたのに、なぜ気が付かなかったのかがある意味ミラクルでかつ、深刻に枯れ葉が心配案件なのかもしれず。

呪いは続くよ

 何かを心得ているのか、マイタブレットは最近、記念写真好きのぱややん者の邪魔をピンポイントで効果的に行う。
 一番悔しかったのは、演奏中撮影NGのライブの終わった直後に図々しいぱややん者は「あれ?今日は撮影タイムはないのですか?」と質問したら、素敵演奏者の方が記念撮影用のポーズを取ってくださるので、急遽撮影タイムがスタート。他のお客さんが早速撮影しまくり。その横でのろのろ鞄からタブレットを取り出すぱややん者。で肝心のタブレット指紋認証を拒否、拒否、拒否、ああんスィッチがオンにならないまま撮影タイム終了。無念なり。

タブレットの嫌がらせ的な采配

(その後、指紋認証でなくてもパスワード入力画面を出す方法を知る)


 先日も急いだ方が良いのに、綺麗な風景を撮影のために立ち止まったのにスィッチが入らず、観念して、先に歩を進めることに。
 普段はスィッチが入らないことはほぼ無いのがまた腹立たしい~。

タブレットの倫理的真っ当な配慮
 
今日の昼間はタブレットfacebookをぽちぽち操作。メッセージ用のスタンプの種類を追加して、早速使用しようとしたら、なぜか画面に表示されない、あれ、あれ、あれ、別の種類のスタンプに移動をした操作のはずが、あらま大変意図せぬスタンプが送信されている。
1枚目:「i 'm sorry 」と茶色い猫がお詫びしている
2枚目:しょげている灰色猫を慰めている茶色い猫

3枚目:三白眼な薄茶猫がじろりと不敵な笑いを浮かべている

こりゃ意味不明なイラストを連発で送ってしまったと、急いで送信先にお詫びせねばと思ったが、タイの人宛なので、ぱややん者に立ちはだかる言語の壁。タイ語で急ぎは無理無理なので、英語でお詫び。ええとええと、そう、英語の壁もけして簡単ではなく。

 「タブレットの誤作動で変なアイコンを沢山送ってごめんね」なんて英語の文例をググっても出てくるわけもなく。時間はあっという間に過ぎて行き、とにかく急ぐべしと、超短いお詫び英語メッセージを送る。

 こちらの心配したよなことは毛ほども送信先の方は気にもされていなく、世界の平和は保たれました。(冗談です)

と、今改めて送ったアイコンのイラスト見たら、三白眼の不敵な顔ではなく、笑い過ぎて涙を流している可愛い表情でした。心の汚れたぱややん者には憎たらしい猫のイラストに見えていたようです。
嗚呼、心の清い人になりたかった。


タブレットのメモリ不足のなせる技で、只無駄に動揺しまくったぱややん者の負け。


タブレットの悪口を書き綴ったせいか、秘密の?ぱややん日記をTwitterとの連携機能でツィートしそうになりかける。

ああ、油断なるまじ。



※友人に好評連作!? 友人宅の家電達(擬人化)愛憎ストーリーの癖が抜けず、つい、タブレットを擬人化・悪者にするぱややん者なり。



ことほぎたいの③ 勘違いさるる

 呪いか???、昨夜、書き途中記事が手が滑って「公開」状態になってしまい、あら、いや~んと慌てて、公開を止めようとしたら、なぜか同じ記事が7つに増殖。深夜のぱややん不条理ワールドにようこそ!! 公開を後悔なんて、親父ギャグのため?? なんてわけではないですが、スマホモードたと公開止めるのちょっと面倒で、もう寝ちゃえと書くのをストップ就寝ナイト。
 このテーマの続きを待ちに待ってくださる奇特ではなく有り難い読者の方々を焦らす作戦ではないことだけを誓います。だらだら意味不明が続くのもお許しください。ぱややん日記ぐだぐだ感がまた真骨頂です。

日を改め、とうとう、タイ関係の結婚式話最終回は、実はこれが書きたかったんです。

 憧れのタイ式仏教はタイのお坊さんが新郎新婦を白い糸でぐるぐる巻き幸せを祈る儀式あり。「生で見てみたい~」の願いは叶い、しかも日本国内。当時某大使館のスタッフだった方が「大使館で結婚式を挙げるから是非来てください」と職場(以前)の複数と一緒にお誘いを受ける。
 お祝い金を前日集めてぱややん者が代表して当日持っていくことに。結婚式のご祝儀袋をちょうど家に持っていたから。
 で、ご推察の通り、当日朝、遅刻して、駅でのみんなとの待ち合わせに間に合わない。
 「先に行っていて~」と電話を掛けて、駅から徒歩だとやや距離があるので、タクシーに乗り混むぱややん者は、つい、運転手さんに「☓☓☓大使館まで。知人の結婚式に行くんです」と告げると、あらま事態は思いもよらぬ方向に。
 行き先大使館、結婚式と聞いて、タクシーの運転手さんたら、ぱややん者=大使館にいくような素敵なご身分??と思ったのか、会話が急に敬語になってしまう。
 「奥様、大使館へはこの道でよろしいでしょうか」
 もっと素敵に敬語な会話だったが時の経過で委細忘れる。
 偉い人には多分なれないうっかりぱややん者の唯一のVIP待遇(勘違い)の巻。
 が、そこで止まらなかったぱややん者、大した人間出ないことを否定したいので「友人代表のお祝い金を私が持っていて大変なんです」と運転手さんにうっかり道中なうをアピール。
「…??? それは大変なことでございますね」と運転手さんの対応に困ったような訝しげモードな口調。ぱややん者の後悔はこのように日常いつでも発生。

 で、遅刻したため、肝心のお坊様の白い糸のぐるぐる巻きは既に終了。が、新郎新婦を祝して、手にお水を掛ける儀式には参加。
 その後はお食事会で、美味しいタイ料理とタイの結婚式用の伝統のお菓子、ココナツのゼリーの2色寄せを食べる。その他縁起の良い、黄金に似た色をした卵の黄身を使ったお菓子(激甘)や果物の形をまねたお菓子(激甘)もデザートにはあったような記憶あり。
 結婚式のお祝いのお金は別の人が袋も用意してくれて事なきを得ていた。皆からは遅刻を怒られることはなく、というのも、多分何か仕出かすだろうと諦められていて、賢い人が、予備のご祝儀袋を持参。お金もなんとか用意できたので。

 ということで、つまりはタイの結婚式ってどんな風なの?というまじめな好奇心の方には一切役に立たないようなぱややん日記をお許しください。
 
尚、タイ式結婚式のご祝儀金は日本の結婚式のような高額ではなかったです。(日本はお食事フルコース、高額の引き出物などで高くならざるを得ないですが)
 それぞれお祝い金とは別にお祝いの品を贈ったりしました。

そういえば、前回のどちらかの結婚式の引き出物を急に思い出す。意味は分からないけれどもタイ的な縁起の良い&有益品のようです。
・白と灰色の布地1セット
 (タイでは布地が重宝されるのかも?? 制服も会社や学校で布で支給。各自で自分や家族や知り合い等の裁縫上手、または町の仕立屋さん(食べ物の屋台等と並んでミシンを置いて路上営業中なのをバンコクでたまたに見かけます。お値段も安めのもよう。色は幸福カラーの組み合わせというわけでなく、新郎新婦の二人=男:灰色、女:白の贈り物な色の意味なのかしら??)
・男女ペアの熊のぬいぐるみ
(日本でも似たようなの貰ったことがあるような。世界共通なのかしら?)
・お箸1膳
 お箸なのに二本がくっついていて実用性は求められていないみたい。二人の絆は別れません的なシンボル御祝品らしい。糊でがっちり固まっているかと思ったら、最初から2本で1本状態のようでした。 ( 一緒に貰った知人は、お箸として使えないのならどうしたらいいのか?と困惑。見た目普通の箸のため、飾り物扱いには微妙、処置に困る)

機会があれば、白い糸の儀式を見たいし、何よりも結婚式っておめでたくてぜひぜひ寿ぎたいのですが、これから結婚式を挙げるような若者とは知り合いになれるような人徳を持たずんば人生過ごし中なので無理無理な見込み。

がお呼ばれがあればうれしい〜。


2017.11.19の正午チョイ前、手直ししました。見直しをきちんとしない愚か者をお許し下さい。

風邪でした

最近手相がちょっとわかる方に見て貰ったら、「結婚線はある」と言われて浮かれていたら「可能性ですから」と、うっかりな喜びを戒められたぱややん者です。

 先週ライブの帰り道、夜中も営業な町の本屋さんだけれども品揃えの良いお店に寄り道、取り合えず1階、おお、地下にも売り場があり、文庫、新書、コミックの中で、海外翻訳物系が充実している~と歓喜で、ゆっくりじっくりねちっこく品定めをしていたら、隣の棚で静かに本を探している若めな男性が一人いて、狭い店内、あちらの棚も見たいなあと思うも、下手に動くと彼の楽しい本屋時間を邪魔しちゃうからなあと、もやもや考えていると、大きな咳のおじさんが登場。
 隣接な時代小説本コーナーで、「ゴホッ」、「ゴホン」「ゴホ」と静かなフロアに響きはおじさんの咳。うるさいせいか、若めな兄さんはすぐ立ち去ってしまいました。

 「うむむ、負けてなまじ」と変な片意地を発揮して、買いたい文庫本を探し続けるも、うるさい咳音に、すごすごと一階フロアに退散、またまた物色。

で、翌日から見事に激だるくて喉痛プラス鼻水したたるぱややん者になり果てる。
 あのおじさんに風邪からうつったではないかと疑惑に心を黒くする。
 いえ、実はずっと体調イマイチがやっと回復、がすぐさまライブに夜中まで本屋にとフラフラ出歩いた自分の報いなり。

昨日は再びライブ。
うかつ1)
開演まで約1時間あり、時間をもてあまし、スパークリングワインを飲みました→へべれけ(1杯で酔っぱう低コスト人生)→まもなく開演のお知らせがあり場内の電源が暗くなる→電話の電源はオフしているし、タブレットは鳴らないしと余裕で開演待ち→眼鏡が無かったこと発覚(枯葉乙女のため暇つぶしのネット閲覧には近眼用の眼鏡が邪魔なので鞄に入れていた)→眼鏡を鞄内の荷物の上の方に乗っけていたのを忘れて財布等を引っ張り回した後で、暗くなった会場内ではよく見えず、鞄の中身を全部おっ広げて、眼鏡捜索→無事発見。

うかつ2)

ライブ会場は初めての町で、帰り道、ブックオフを見つけて、1階から2階までじろじろ探索。欲しい商品(レア系)を探すも当然簡単には見つからずで手ぶらで帰る。
で今朝また風邪の復活??で具合悪く。

油断のおおい遊び人人生です。

あまりに空虚ですみません。ことほぎたいの②

 おつけものでなく、うつけもの人生満喫、ではなく反省中。実はいざ、その②を書こうとしたらば、肝心の記憶力が相当曖昧というか消失に、今更気が付きこのテーマを止めるべきかとしばし悩むも、かなり不明の多いのですが無理無理続けることにしましたので、すみませんが、空虚な忘却力満載日記をご許しください。

 
タイの友人の結婚式、その2は、中華系の結婚式でした。
披露宴の前に親族だけ参加する式にも、ぜひと誘われて参加することに。新婦がお世話になった日本人ご夫妻と一緒に会場のホテルの中で待てど、あれ?開始時間になっても始まらない。
「時間通りにはじまらない・・・なんてありがちですよね〜」と初対面な3人でギクシャク会話を無理無理続けているとほどなく人が集まりだして無事結婚式はスタート。が大変なことに肝心の式の様子をさっぱり覚えていないので割愛。(本当にすみません)
が、↓のことだけは記憶
1)洋服がよれよれ
 服にこだわりのなさ過ぎる人生。このタイでの結婚式では、以前別の友人の挙式用に購入した、人生初のおしゃれブランドのドレスを着ようと、鞄に詰めていた。旅立つ前に着用して確認するのが常識も、一度もチェックもしないのがぱややん者。式の日の朝、ホテルで着てみたら、あらまあまあ、ドレスのストラップが緩くなっていて、するりと肩から外れる→肩に上げる。するりと肩から外れる→肩に上げる。ややや、上に羽織る用にレースのケープは有るが、透け透けレースで隠しきれない薄いタイプ。が他に晴れ着用の服の準備はなし。慌ててどうにかしないといかんと、ストラップを途中で結び、短くしてみる。これでなんとか誤魔化せているのか?と結婚式の最中、服で気を病み、やや気もそぞろ。

2)お祝いの金の鎖
 中華式の結婚の儀式では新婦側の親戚が花嫁のお祝いの門出に結納金的?に金の鎖を贈るとは聞いてはいたが、いざ、結婚式に参加する直前になって、同席の日本人ご夫妻から、「私達も金の鎖を贈るべきなの??何の用意もしていないですよ。私達、披露宴だけ出ると思って日本を出発していたので」と相談されるも私も同じだし、代わりに現金も贈ろうにも、自分のホテルの部屋にお金は置いて来てしまったし・・・
 で、式の最中、心配しまくり。
結局お祝いは新婦のご配慮で出さなくて済みました。(私達の名義でのお祝い品を新郎新婦が自分たちで用意していたというナイス配慮だったような??記憶曖昧)

失敗をクヨクヨ&心配にうつうつしたことだけは脳裏に刻まれる神秘に涙。

尚、披露宴は同じホテルで開催。
・着席式
 丸テーブルに名札があり、そこに着席。隣のテーブルは参列者が少なくがら空き状態。テーブルに名札があるからにはおそらく出席する旨の返事が有ったからだろうに、空席多数とはなぜ?? 日本では当日欠席は避けるために出席確認は慎重に確実に行われ、万が一でも当日に出席できなければ、非難&友情破壊な事態ですが、タイでは結婚式に突然欠席はOKなものなのかしら??

・内容
 司会者がいて、お祝いの言葉、新郎新婦からご挨拶、タイム、独身者集まれ~と呼び声で人が集められ、花嫁さんによるブーケトス等開催。司会者は勿論タイ語だけ。同席の日本語ができる人が時々訳してしてくれたが、全体的になにがなんだかわからない状況で披露宴は進行。(新郎新婦のキスは有ったかも。ケーキカットはなかったかな???)
中華系の祝宴のごちそうは、やはり豚の丸焼きで、各テーブルごとに頭付の豚が1匹でんと盛られた皿が配膳さるる。(皮を食べる感じもそんなに美味ではなかったよな)。他の料理も中華。
 プロの歌手?が正面ステージにいて、生歌を披露も特にウエディング曲でもなく、式の状況に合せたわけでもなく、欧米チックな歌をBGM的に流している感じ。(歌手の説明か有ったのかもしれないが、貧者タイ語力者にはわからず)

・終わりはいつ?
 司会者の説明がタイ語でよくわからないので基本的に座って食べているだけのぱややん者。と、やがて席をひとり、ふたりと、立ち去る人が多くなり、何事??と思っていたら、タイの知人が「帰ろう」と声をかけてくれたので一緒に会場を出ることに。
 *日本みたいに式の間、最初から最後まで予定が組んでいるわけではなく、自由に客の適宜な都合で帰ってOKなルールのようです。

・ウエディングアルバム
 台湾などと同様、タイでも挙式の前にウエディング衣装で素敵な舞台(花咲く公園や綺麗な建物内など)背景で事前に撮影した沢山の写真を、素敵なお祝いの言葉等でデコったウエディングアルバムを作成して、結婚式の受付でお披露目して、参加者から素敵~と褒め称えられるのが一般的なようです。
 中華式な挙式を挙げたお二人ともわりとご年配のためかアルバムは写真が1~2枚と控えめでした。
 前回のカップルは分厚いアルバムを用意。綺麗な花咲く洋風の公園で、二人で楽しそうにはしゃぐ、見つめあう二人、寄り添う、より寄り添う&見詰め合うというか熱く抱き合う姿。たまたま、花嫁のお母様と一緒に拝見。お母様も初めて見たらしく、「もう見ないで、見せないで~」と熱々キスするばかりに密着する愛娘と婿様写真に恥じらっていられたのが大変印象的。

まだその3に続きます。