ぱややん日記(雑記)

日々のあらあらまあまあなしでかしことを過去も含めて書きつづり中。誤字脱字の多さは見逃しあれ〜。後日コッソリ直したりしています。

ひっついてぴんち

部屋の掃除をしようとしたら、先日なぜか電池の中に混ざっていた謎の小さな2個の磁石の存在が気になり、そうだ、玄関のドアにメモを貼り付けようの磁石が壊れたからこれを代わりに使おう、と、気楽にくっつけたら吃驚、なんと剥がれない。 
 小さな四角い磁石で摘めるようなでっぱりもなく、幸いなことに1つは複数枚のメモ紙越しに貼り付けていたので、なんとか剥がれる。がもう1つはびくともしない。試しに横にひっぱったらドアの塗装が剥がれて涙。いや恐るべし。
 困った時のぐーぐる先生で調べたら、どうやら強力パナジウム磁石で、壊して破壊、または高温(140℃~)でなんとかなるようだが、ドアでどうやって。。。。がナイスな解決策は少しなら水平に移動できるはずだから少しづつ移動して端っこまで持ってきて剥がせるはずと。
 おお、ナイスアイディアが、ドアのわりと中央部分で、沢山移動すると塗装の剥がれが激しく多量に付きそうで、昔懐かしいテレカを真横に置いて剥がそうとしたら、テレカの薄い厚みも持ち上げるのも無理無理な強力ひっつき力。何度か頑張ってひっぱって無事剥離。
 実はちょっと幸運だったのは、2つの磁石同士のひっつき防止に小さい粘着タイプの紙が張り付いて、苦労した方は紙が付いていた方で、ドア面に紙越しでくっついていたので、まだなんとか剥がれたみたい。が今回の剥離作戦で小さい紙は剥がれてしまったので、次回はもう剥がれない見込み大な恐るべし代物に。
 2つの磁石同士のひっつき予防に、丈夫な紙を探すのに動揺して、なぜか湿布の紙を代用。破れそうな予感満々。で置き場もないので結局備蓄用電池のところに放置。
 しかし、真の恐怖はこの磁石がなんのために我が家にあったのか全く記憶がないことでした。 

 おそらく、何かを取り付けるための磁石だと思うのですが、その何かが不明。尚磁石には小さなねじが2つ付属していて、磁石剥離作戦の後、慌てて掃除機をかけた時、ねじの存在を瞬時忘れていることに気が付いて、慌てて、ねじを回収。
 掃除機にねじを吸い込まれなくて良かった~。

 そういえば若い頃、瞬間接着剤を親指と人差し指につけて、うっかり指をくっつけてしまって、ああ指が剥がれなくなるかも~なこともありましが、意外と瞬間接着剤は剥がれるものでした。今日の磁石の方があきらかに強強強強強強強強強強力でした。
 授業で遠い昔に習った、世界一優れた「矛」と「盾」はどっちが強いのな漢字を思い出し、強力磁石は剥がせることの対応グッツも発売したら売れるのではないのかとしみじみ。

 そういえば、ひっつくで思い出す、ワーストな出来事は、我が身ではないのですが、ぱややん家にはオナモミ、別名ひっつきむしが生えていて(姉が遠足先の原っぱから実を拾ってきたら以降毎年自生)、秋になるととげとげの実がなり、忍者のごとく悟られずひっそりと洗濯物にひっつきまくりで大不評。ある秋は、兄のパンツにひっついて、知らずそのまま床に座った兄の悲鳴&憤怒の声すさまじき。で、肌に刺さったとげとげの痛みのすんごさを想像できるも、ひっついているのに気が付かないなんてうっかりさんな兄さん、なんて思っていたら、数年後、ぱややん者てばパジャマの違和感に涙。「うえ~ん、なんだかちくちくする」とよく見ると、オナモミの実が2つ付いていた事態を発見しました。ひっつきものには油断するべからずです。

わがやるきの物語り

昨日の記事を読み返したら、後半が意味不明すぎて、書き直す。
 せめて、もうちょっと冷静に文章を推敲してから世間様にお披露目(UP)するようにしようとさすがに反省したぱややん者の目に、
 『ぱややん日記(雑記)』をもっと本格的に運営してみませんか?なるこのブログサービス会社様からのご親切なメッセージを発見。(機能充実の有料コースを使ってみるべしという宣伝です)
 「本格的に運営」と言う言葉に、改めて「そう、我がブログは役立たずな我が愚行の記録、これを本格的にしてもなんの意味もない」と、逆効果な作用が働き、いままで通りのだらだらブログになりますことをあしからずご理解ください。

昨日は嬉し恥ずかしネット配信番組デビュー。自分の実力ではなくおまけの出演でした。が終わったら即現実で、ステージ衣装の長いスカートを着替える間も無く、大至急散らかった現場撤収。楽器複数抱えて狭い地上への階段を上っていたら、一段上がると右足がスカートの裾を踏み、一段上がると左足がスカートの裾を踏む。裾を踏むと転びそうになるのでなんとかバランスを崩さないように、だって転んだら手にした楽器が壊れる~で超のろのろスピードでステップを繰り出す奇跡の時間。
 無事に階段は登り切れたのですが、実際に迷惑したのはぱややん者の後ろで階段を上りたい仲間達。楽器を複数運搬中で、さぞや「ぱややん者、さっさと階段をのぼれ」と怒りの心境だったと存じます。
 気をつけよう無駄に長いスカート衣装(腹の部分でまくり上げて短くしてはいたのですが、階段には負けました)
 結局今日もまたろくに推敲しないでUPする。明日か明後日にまたこっそり直すのでお許しください~。

反省中

足首の痛みが続くので念のため病院に行くが、骨には特に問題はなしでとりあえず湿布を頂き様子を見ることに。
 お風呂に入る前に、足首から湿布をはがしたら、湿布の真ん中に存在していたのは「はじめにはがします」なる文字の印刷された湿布の保護フィルムの真ん中部分でした。

 ああ、今日の半日「はじめにはがします」をつけたまま湿布を貼っていたこと発覚、お肌に保護フィルムが張り付いていたのに違和感を一切感じなかった我が鈍感さと正しい湿布の貼り付け方を知らなかったことに驚愕中。
 湿布の袋全面に大きくイラストの入った湿布の貼り方の図解入りを今更見ると、保護フィルムは3つのパートに分かれていて、真ん中パートを先に外して、肌につけてから、左右のパートを外すのが正しい方法のようです。(皺にならないように?)

 一部残してなんて面倒なので保護フィルムは全部外して装着したはずなのに、1つ残っていたことも吃驚。


おまけ出来事的に、
 今日はおにぎり、2,3日前はお土産のお菓子。貰ったか貰っていないかわからないし、見つからないのでもう一つ貰ったら、それぞれの日の夜、鞄の中の捜し物をしたら、出て来たのはお菓子×2,おにぎり×2。

 脳内も鞄の中身もカオスが自慢のぱややん者です。

f:id:keroro_ururu:20180913011214j:plain

 

今日はネット配信番組に楽器の演奏で出演。おまけ的な出演で我が実力ではないのですが、もしかしたら、以前タイで占って貰った、「○○歳代で、音楽の才能で世界的に有名になる」とのお見立てが実現が近いのかも。

 ちなみに、「20歳代で結婚して、2名の子どもを持つ、ダーリンはタイの人」という同じ占い師さんのもう一つのお見立ては当たらなかったのだけは確実です。

魚と私と 

魚と私。

母は金魚を飼っていた。町内会の夏祭りのイベントの金魚すくいの残り物が出自で、複数匹の内、赤い小さな和金が一匹だけ生き残り、15cmぐらいの大きさになり、衣装ケースを水槽代わりにした広い空間で一匹のんきに暮らしておりました。
 と思っていたら、実はとっても神経質で、足音物音を聞くと、慌てて水ぴしゃんと跳ね飛ばす勢いで、物陰に隠れる。(母が外から全部が見えないよう部分的に覆いを作っていた)。どんな小さな音でも隠れる和金。が、旺盛な食欲には負け、なぜか水槽に上から近付いた人は餌をくれると認識しているのか、逃げもせず、水面に近づき、口を大きく開けて、おねだり。食いしん坊で可愛い和金でした。(現在昇天)

 その後、当時の勤務先の上司は魚好き。家に書斎の代わりにマイ水槽ルーム(蛇口排水溝あり)を作り、休日は朝から夜まで水槽の部屋でうっとり満喫らしく、メダカも珍しい種類等も飼育中。大変少人数の会社で、別の女性スタッフ、先輩もメダカを飼育。この状況で一人だけメダカを飼っていないのは寂しいかもという不純な動機でメダカを飼いたくなり、メダカをお裾分けして貰う。
 ガラス製は重いし、割れるかもとの友人からのナイスアドバイスが有ったので、プラスティック製のミニ水槽(メダカ、鈴虫、カブトムシを飼育できるようなタイプ)を買って飼育スタート。最初3匹貰った稚魚はわりとすぐに全滅。
 その後もう一度貰ったメダカたちは無事順調に生育、あれよあれよで増えて、増えすぎたメダカは友人に譲りまくりも、水槽も増やすメダカ大臣な気分に。冬場は寒くて室外は可哀想かと我が万年寝床の炬燵の横に水槽を並べる。
 が、しかし、このメダカたちも和金から噂を聞いたわけではないのに、我が姿を見ると隠れる、物音でも隠れる。ちょっとした気配でも隠れる。しかも毎日の餌の時間も隠れまくる。恐怖で必死に泳ぐ姿しか見られないメダカの飼育って、楽しいのかどうか微妙。。。と五年ぐらい飼育をしていたのですがとうとう去年最後の一匹が昇天してしまう。
 姿をろくに見えなかったメダカもいなくなってみると寂しいような。がメダカよりももうちょっと大きい和金が飼いたいなあと思っていたぱややん者でした。
 なんと、つい先日、都会の大きなビルの縁日イベントにたまたま参加。食べ物屋台のコーナーもあり、買い物をしたら、ミニトマトすくい、すくいもの、射的・輪投げと3つの遊技ができる「お楽しみチケット」が貰え、久々金魚すくいに挑戦。
 念願の和金をゲットできるチャンス。水槽はまだ捨てていないから大丈夫、いっぱい掬たらどうしよう~と浮かれておりましたが、勿論結果は皆様のご想像通り、釣果ゼロ。にぶちんのぱややん者にうっかり捕まるような金魚はおりませんでした。
 ああ中学生時代に大好きだった中島みゆき先生の「金魚」歌詞が頭から暫く離れませんでした。

ちなみに我が家の近所には家の前で金魚を飼っているおうちがあるのですが、そちらの金魚は人の気配を気が付くと、水面に浮かんで激しく口をぱくぱくするおねだり上手。あああ、なぜに我が家の魚たちは臆病だったのでしょうか。

そういえば、人生初、海外のオプショナルツアー会社に直接参加を英語で申し込んだ、香港のピンクイルカの観察ツアーは、台風のために当日中止になりました。
その後、タヒチ島でイルカと一緒に泳げるオプショナルツアーは、つい最近イルカが人間相手に不祥事を起こしたそうで中止。
我が姉にTVにうつった、よどんだイルカの目にそっくりと言われたぱややん者はどうやらイルカとは縁がないようです。

ますますくだらない日記になっているのをお許しください。

(尚、我が近所のホームセンターは珍しげな高級な金魚しか販売していなく、我が理想のただの金魚(和金)は餌用=飼育には不向きという涙の種類しか扱っていないので、金魚すくいは和金との遭遇のとても嬉しい機会だったのですが、良い男と同様に魚とぱややん者は縁がないようです。)

 



今日も

我が蛙好き人生、いっぱい持っている蛙柄のTシャツの一枚を着て出かけたはずが、気が付いたら、蛙の姿がなかった。恐怖の消えた蛙の謎。もちろんTシャツから飛び出たわけではなく、後ろ前に着ておりました。
 出かける途中で気が付いたのですが、バックプリントに蛙なシャツということにして貰おうということで、そのまま外出続行。だって、既に同じTシャツで長時間外出した後だったので、もう既に手遅れ気分。(家の近くで気が付いたので戻ればいいのにという理性の声は封印)。しかし、一度帰宅したのになぜに前後ろに気が付かなかったのでしょうか。

 さらに先ほど、風呂場に行ったら、お風呂のガスの元火が付いたままで、不用心だし、風呂釜傷むし、ガスの無駄遣いだしで深く反省。
と結局いつものぱややん案件でした。けしてネタの使い回しでないのが我がブログの誇りも、人生的にはどうなのかしらねえ。
 

たまにはほやほや?ぴちぴち

 今朝のもやもや。ドアの鍵が開いていたのは、さっき出ようとして鍵を開けた?それとも昨夜から??
 出かける予定があり、身支度を整えあさ出かけようとしたら、眼鏡がない。広くない上に物の多い部屋で置く場所は限られているので、心辺りを見渡すがない。さっきテーブルの上に有ったのを手に持った記憶があるのにない、ない、ない。
まさかと手を顔に当てたら、眼鏡をかけておりました。
 今日は実は料理教室に参加していたのですが、あまりにも役立たずな感じなので全体料理に影響がでないように非調理的なことに積極性を出すことにしました。でテーブルにランチョンマットや箸を並べたぱややん者。と食べている途中に、一人の方が、「これってストローでない」とのご指摘をさるる。ぱややん者は、太いストローを、箸の入れ物と勘違いして、箸に装着して各席に置いておりました。食事中は箸置きとして使用。ストローを使う飲み物はそのままコップで直接飲んでおりました。f:id:keroro_ururu:20180906001301j:plain

↑スプーンの下のお箸の先端をご覧ください。

 

 

 たまにはしでかしたてほやほやをお届けします。しかし「ほやほや」って本来なんの意味だろうと言葉の意味が気になるような。ぴちぴちは魚の跳ねる感じ?ほやほやは海鞘がほやほやでなく、湯気が出て入る様のようです。

楽しい屋台のしょっぱい思い出

最近再び小説講座に通っております。四苦八苦の末、書き上げたのが「縁日」というタイトルでした。偶然にもその2日後、とてもご親切な方からの贈り物が『鏡花随筆集』の初版本で、開いたら最初の題名が『縁日』でした。

あらまご縁があるのかしらと読んでいたら、わりと冒頭に縁日に売られている者の名前が並んでいる中に丹波の酸漿、海酸漿とあり、ああ、忘れていた縁日の思い出がよみがえりました。
 元のバイト先仲間に誘われて行った浅草のほおずき市は、境内のあちらこちらにほおずきを売る屋台が並び、縁日の灯りとほおずきの赤さがそれは幻想的で大感動でした。珍しい縁日に浮かれて見歩くぱややん者は「海酸漿」なる不思議な屋台に興味津々でした。
 そのちょっと前に大好きな鈴木清順監督の『陽炎座』を観ていて、主人公を謎に巻き込む妖艶なヒロインがビニールのおもちゃのほおずきを口に含んで鳴らしていて、海ほおずきも似たような感じで鳴らせるなと思うと欲しくなり、売り子のご年配の女性に「海ほおずきはどうやって鳴らすんですか」と質問したならば、「あんたにゃ鳴らせないよ」とつれない台詞を頂きました。
 でも、屋台を見た辞典から欲しかったし、ちょっと悔しい気持ちもあり、使用方法は分からないのに、海酸漿を1つ買いました。
 とこの逸話をだいぶん時が経過してから友人にしたところ、大爆笑されました。そして、「その海酸漿は鳴らすことができたの?」と友達に質問されて、「…」と答えられないなぱややん者でした。
 そうです、売り子のおばあさまは、人を見抜く目がございました。ぱややん者ってば、買った海酸漿を帰宅した後はすっかり忘れて、どこにあるのかもわからない。一度も試さないまま。その数年後、掃除をしていたら金魚すくいの釣果を入れて貰えるようなビニール袋に入ったなんだか不気味なゴミのような物が出て来て、「なんだこれは???」と捨てようとしたところを、「あああ、海酸漿」と思い出したが、すっかりカラカラにひからびてとても鳴らせそうもなかったです。その後捨てたようなそのまま放置したかも記憶にないありさまです。

 遠い昔、タイの北の街、チェンマイのナイトバザールで果物好きなので、屋台で買おうかと覗いたら、売られている果物の中に、日本では見かけない釈迦頭( シュガーアップル)がありました。甘くてクリームのような果肉でかなり大好き。見つけた興奮で、一緒の旅行中の友達に説明をしていたら、屋台の売り子のおばあちゃんに凄い嫌な表情+タイ語のきつい口調(命令形)で「あっちへ行け(パイシー、パイシーのような感じ)」を言われて追い払われました。店先を冷やかすだけのうるさいうざい客に思われたようです。
 日本とタイの屋台でうざい客と思われ、かなりしょげたしょっぱい思い出です。

 屋台というと、以前、盆踊りイベントでたこ焼き担当(ボランティア)を数年続けたことがありました。たこ焼きはネットで見つけた大阪風のレシピで作ったら、味わいも良し、ふんわり度も良しで大好評。が、焼くのに時間がかかって、お客様をちょっと長く待たせるスタイルで、ちょっと不評でした。
 それでも売れ行きは絶好調で(売値が安い)、最初に仕込んだたこ焼きのタネがなくなり、急ぎ追加のタネを作って、焼き始めましたが、全然焼けない。なかなかひっくり返すこともできないたこ焼きをため息をつきながら見ていたら、ピンポンと発見の灯りが脳内で点灯。水の分量間違えたかも疑惑が一挙に浮上。ああ、もう水が多いなら、小麦粉やだしを追加すればいいだろうとも思ったのですが、うまいあんばいに小麦粉類を追加できる自信はなし。もういっそ作り直した方がいいように思えども、目の前の巨大ボールにあるたこ焼きのタネを捨てるのも勿体なくて踏ん切りがつかない。もう、水の分量が多いかも疑惑は自分一人の心の中に封じ込めて、このゆるゆるのタネで作るぞと勝手に決意したものでした。今更ながら関係者の皆様お許しください。

 尚、その翌年、やはり追加のタネを作るのに、買い置きの小麦粉があるよと言われて、大きな容器に入った小麦粉を使ったら、ボウルに浮かぶは黒い点々の・・・。「いやん・・・・虫~」と使いかけ古い小麦粉の恐怖を堪能したこともあります。
 勿論。早めに気が付いたので、危険なたこ焼きは誰の口にも入ることはありませんでした。
 尚、盆踊りの前に、我が家の近所の業務用のスーパーでおたふくソースの巨大サイズ(1.2リットル)を2パック購入して、お祭りの担当者に渡していたのに、当日行方不明だったこともありました。結局、盆踊り会場の近くのスーパーでソースは買うことができたので問題はなかったのですが、その半年後か一年後にその巨大サイズおたふくソースが担当者の人により発見されて、「ぱややん者さん、家で使えば? 貰わない?」と聞かれるも、あまりの多量で使い道がなさそうで持ち帰りはお断りしました。
 結局あのソースはどうなったかはよくわかりません。
 友人言うところの、結末のわからない話しをする酷い人=ぱややん者のいつもの落ちのない話しになったことをお許しください。

 その後、盆踊りの開催はなくなるも、別のイベントでフランクフルトソーセージ売りの役割を担うようになりました。
 友人には「たこ焼き、フランクフルトも売れる立派なテキヤになれるのでは」と褒められるのですが、実は、ぱややん者が用事で途中いなかった年に、若い美人で性格も良い素敵なお嬢さんが販売したら、いつもは売れ残るフランクフルトが早めに完売だったので、ぱややん者はテキヤが得意と威張るよりも可愛い若人女子に譲るべきではと悶々中でございます。

  縁日の思い出もう一つは、浅草のほおずき市で同行の友人は、海鮮焼き物の屋台で、「時価」の鮎の塩焼きを頼んだ度胸者でした。
 鮎は一匹で千円でした(多分天然ではないと思われる)。屋台で時価なんていくらでもふっかけられそうなのに、時価を注文するなんて本当凄いと小心者のぱややん者は大感動でした。皆様は時価のものを食べたご経験はございますでしょうか?

誤字脱字を本当お許しください。。。